インフォメーション

2019 / 05 / 09  

夜間の交通安全、反射材の効用とショウンダーベルト

IMG_1809.JPG
3H運動をご存知ですか? 夜間の交通安全のために埼玉県警が推進している合言葉です。 1、早めのライト点灯 2、反射材の着用 3、歩行者保護 の3つです。 1と3は運転者側への呼びかけですが 2の反射材の着用は歩行者が自ら身を守る方策のひとつとして 推奨されていいます ショウンダーベルトには2本の反射素材が縫い込まれています。 ショウンダーベルトでリュックのようにバッグを背負うことにより両手が自由になることも安全につながりますが、 背中の中心に反射材を着ける事になり、後方の車両からも目立ち 安全性を高めることができます。